UNOゲームで植物を学ぼう!裸子植物、単子葉類、双子葉類も楽々クリア

uno01

こんにちは、牧野直子です。

アマゾンを見ていて、これ面白そう!っと思って、買ったゲームが、「植物のなかまカードゲーム」
株式会社アーテックさんから出されています。

植物のなかまカードゲーム

今まで、理科といえば、すごろくやカルタで遊んでいたのがほとんどだったので、カードゲームというのに惹かれて購入してみました。

とにかくやってみて遊ぼう。ゲームで植物を覚えよう。

どんなカードがあるか

植物カードという、植物の写真が載っているカード。
特徴カードという、被子植物とか、双子葉植物などの特徴が書かれたカード。
役カードという、2枚とらせたり4枚とらせたりするカード。

おおまかにはこの3種類のカードがある。

uno01

 

ほとんどのカードには、色分けされた丸が書いてあって、そこには、シダ植物とか、コケ植物とか、合弁花類、などが書かれてある。

最初に7枚ずつ配られ、順番にカードを出して行って、そのカラフルな丸で共通するカードを出していくらしい。

そして、ラスト1枚になったら「グリーン」とさけんで、最初にカードがなくなった人が勝ち。

どっかでやったことある感じ?そう、UNO!

このカードゲームは、UNOをベースに作られたカードゲームでした。

 

お花のUNOゲーム!

2枚とらせるカードがあったり、4枚とらせるカードがあったり。

この花はこの分類になるとか、この特徴はこういうものがある、という必要な知識をカードゲームをしているうちに自然と覚えるよ、という仕組み。

uno02

UNOとの違いは?

子供時代にUNOを初めて遊んだ時、面白くて永遠にUNOをやったと思います。
ダンナさんも、中学の研修旅行で、朝まで友達のUNOをしたそうです。

UNOって単純なルールなのに面白いんですよね。

植物のなかまカードゲームも基本はUNO。だから面白いことは間違いない。

でも、単純に面白くさせたいUNOと、勉強をさせようということで作られた植物のなかまカードでは、ちょっと違う。

UNOにあたるリバースカードや、スキップカードがないのがちょっと物足りないかな。

覚えさせようという思いからか、双子葉植物の特徴カードが、すごくたくさんあったりして、ある時期、「黄緑まつり~」とずっと双子葉植物カード(黄緑の丸)ばかり出すことがある。

そのへんは仕方ないのかな、と思うけど、おおむね、子供と3人でやっても盛り上がります。

ほんとにカードで遊んだことが身になっているか、そのあとにお母さんがクイズを出すと、定着がいいかもしれませんね。

 

子育て環境づくり一級建築士。外側から住まいの環境を整え、内側から楽しい家庭教育をお伝えし、総合的な子育て環境をつくります。子育て住宅、保育園、ファミリー向け店舗の設計が得意。