勉強の指導において、どうやったら楽しさと結果を出すことができるか

b2545ba8ef8d30d4380c76d31452ace9_s

楽しいから、がんばるを目指そう!

こんにちは、牧野直子です。

 

私が教えている学習塾のミーティングで、どうやったら楽しさと結果を出せるか、というお題が出されました。

 

講師の先生たちでグループに分かれて、話し合うのです。

 

どうやったら楽しさと結果を同時に出せるか

新人の先生が、「これって相反することなんじゃないですか?」って聞いてきました。

 

でもね私、

「決して相反することじゃないですよ。だって、問題が解けるようになってきたら、楽しいっていう気持ちになるから。」

って答えました。

 雑談はツカミ

お笑い番組だったら、収録番組の前に「前説」というのがある。そしてお笑いのネタの中だけ考えても、最初は「ツカミ」がある。

これらはお客さんの固まっている空気をやわらかくほぐす、という役割がある。

この前説やツカミにあたるのが、授業の前の「雑談。」

雑談は大切なんです。空気のほぐしになるからな。

でもそこで大切なのは、時間はきっちり区切る、ということ。5分なら5分。授業開始前に来る子だったらその時間とかね。

だらだらした雑談じゃなく、濃密な雑談が必要なんです。

きゅっと、やるってことね。

 

評価されたことが目に見えると嬉しい

それから、自分ががんばったこと、できるようになったことを、誰かがわかってくれて評価してくれると嬉しい。

それが、モチベーションアップにつながる。

 

学習塾の場合、単元をひとつひとつできるようになっても、それがどの程度なのかが本人はよくわからない。見える化が必要なんです。

生徒としては、できるようになったことがたくさんあるはずなのに、毎日の積み重ねだから、すごく変わらないと実感がわかないところ。

試験で点数があがったり、いい点数をとったら、それがわかるように評価してもらったら嬉しいんじゃないか。

 

授業中の話し方もやっぱり大きい。

同じ問題をやっていても、先生の声のトーンだけでも、楽しいかつまらないかは感じてしまう。

声のトーンひとつで、楽しい雰囲気は出せるはず。

 

楽しみながら結果を出すということ

私は、マーケティングで、エクスマを信じているからこそ、相反する考え方ではなく、「楽しいから結果が出る」と思っています。

なかなか苦しい事を、楽しく変えようという発想は生まれない。

たとえば、大人でも、免許の更新だったり、つまらない授業を聞く機会はあると思う。

でも、そんなときでも、自分だったらこういう授業をしたら、きっと楽しくなるに違いない、って考えながら、その授業を聞くと、楽しみが増えるよね。

子供にはそこまでの発想はないから、そうやって楽しくなるコツを教えるのもいいと思う。

まだまだ、楽しみながら結果を出す、のは、難しいけれども、そのエッセンスが、子供達に伝わっていけばいいなと思います!

 

 

 

 

 


【行動を変えるデザイン】モチベーションがあがるオフィスづくりのPDFレポートをどうぞ!


一級建築士。保育園・介護施設など福祉施設を主に設計しています。2児の母親であるとともに、学習塾での指導も行っています。お笑いとバレーボールが大好き。