行動が変わっちゃうデザイン。募金がしたくてしたくて、しょうがなくなる募金箱

くるくるコイン

募金がしたくてしたくて、しょうがなくなる募金箱

【行動を変えるデザインは面白い】

みなさん、募金ってやりますか?

今はクラウドファンディングも活発になってきましたからね~。
でも、クラウドファンディングは、募金という側面ではなくなってきているかも。
新商品やお店の宣伝として使われることもよくあるもんねえ。

駅前で募金箱持ったボウイスカウトの子供たちが、元気よく声かけてきたら、するかな~。

コンビニやスーパーのレジの前に、お釣りをどうぞ、なんていう募金箱もあります。

でも、率先して募金をする、ということはなかなかないかもしれません。

 

募金がしたくてしたくてしょうがなくなる募金箱

でも、あの募金箱は、私が見た中で最強。
私の息子が大好きなんです。

それがこちらの募金箱。

「くるくるコイン」って言います。

はじっこのところにコインを投入すると、それがレールにそって降りて行く。
最後は円を何回も描きながら、ちょっとずつその円の半径が小さくなっていて、最後はストン!って落ちる。

これを眺めるのがとても楽しい。

次の人が来るまで、もう一回、もう一回!と。
おかげで、10円玉、1円玉はすっからかんです。

これね、左右から時間差でやっても、絶対ぶつからないの!
すごく面白いんですよ~。

東京では、九段下の科学技術館にあります。
募金をすることを、楽しい遊びに変えたからなんですよね。

HPによると、アメリカの博物館では、累積で1億2000万円集めたとか!

秀逸なデザインは、人々の行動を変える力を持っているっていうことなんだよな。

 

解決したい問題を遊びに変える

何か解決したい諸問題。「〇〇やりなさい!」と口で言っても、なかなか実行に映らないのが、世の常。

でも、こういった解決したい問題を、遊びに変えてしまうことで、知らないあいだに解決されることが多々あります。

そんな行動を変えるデザイン、憧れるな~。こういう面白いデザイン、やっていきたいなと思います。

「くるくるコイン」でコインが落ちていく様子が見られる動画が気になる方は、くるくるコインのHP を見てみてくださいね。





一級建築士。保育園・介護施設など福祉施設を主に設計しています。2児の母親であるとともに、学習塾での指導も行っています。お笑いとバレーボールが大好き。