小学生は工作で楽しく算数を勉強 ピンポンダーツ

pd02

こんにちは、牧野直子です。

小学生の娘が、「ピンポンダーツ」を学童の工作で作ってきました。
段ボールで、工作していてなんだか楽しそうです。

 

ピンポンダーツ

作ったあとに、学童のお友達と遊んだようなのですが、大人気だったとのこと。良かったね。

おうちに帰ってきてからも、弟と一緒に遊びました。

大人気だった理由は、娘の分析では、壁の作り方と点数のつけかたがいろいろあって、好評だったのではということです。

市販のものは、もっと円形になっていたり単純ですものね。

自分で作ってしまったほうが、子供の独走性が発揮されますね!

 

遊びかた

ピンポンをワンバウンドさせて、的の中に入れる。
的の中の数字が大きいほうが勝ち。

段ボールで的も好きなように作ります。他のお友達はハート型にしていたらしいですよ。

中にいろいろ点数が書いてありますね!

 

pd01

 

点数を数えさせると、算数に早がわり!

この点数をつける時に、子供たちに自身に、計算をさせると、算数の問題にはやがわりです。

娘が作ったピンポンダーツは、3ケタの計算や、マイナスなんかもあるけど、大丈夫かなあ。。

でも、わからないとことは助けてあげれば、自分で楽しんで計算していましたよ!

 

工作をして、ゲームで楽しんで、算数の勉強になって、

一度で3度おいしいピンポンダーツでした!

段ボールとピンポン玉があれば、簡単にできます。

ぜひ、お子さんと一緒に作ってみてくださいね。

 

 

 

子育て世代の家・保育園が専門の一級建築士。平日夜は、一人で小学生2児の子育て。遊びやクイズを通した勉強や、コーチングと音読を通しビジネスマインドを育てている。また教育リサーチのため、中学受験塾講師も行う。