科学技術館の醍醐味!「君にも運べる」徹底解剖!

me02

こんにちは、牧野直子です。

科学技術館の醍醐味!ダントツ人気の5階 メカ部屋 「君にも運べる」
今日は科学技術館、切っての人気の5階「メカ」をフィーチャー。

直径約30cm程度の大きなステンレス球を、「てこ・滑車・輪軸・斜面・ねじ」などの要素を使って作られたレーンにそって運ぶというものです。

君にも運べる

この展示って、物理の宝庫です!
テコや滑車を使うと、とんでもなく重い球を子供でも運べるよ、という体験展示。
これが、男の子たちにはとんでもなく面白いらしく、連続何周もやっています。

 

入口に入ってここからスタート!

4つのテコを使って、球を進めて行きます。
me01

 

ベルトコンベアの上をハンドルを使って、進めます。

me02

 

次は、右に行くか左に行くか、このハンドルで回して選びます。

me03

 

滑車を使って、高い位置に移動させます
me04

 

また次も分岐点。右に行くか、左に行くか、ハンドルで選びます。

me06

 

ハンドルを回して、坂を上ります。

gi01

 

穴があいているところを、ハンドルをまわしてふさぎます。

me07

 

エレベーターで自然落下してきたら、方向転換をして最初に戻ります!

gi02

遊んでいるうちに、
「てこ・滑車・輪軸・斜面・ねじ」の機械要素を用いた運搬装置を使うと小さな力で運べることがわかります。

でも、そんなことよりも、とにかく体を動かすことが楽しい!

また、一人じゃ重いところもあるので、近くにいる友達と協力して運んだり。今日も友達できるかな?と楽しみ。そういうみんなで大きな作業を一緒にやる!という醍醐味も面白いんですね。

物理につながるママのささやき

一段落したら、

「ロープの距離が遠いほうと近いほうと、どっちが大変だった?」
「坂道は、どっちで運ぶのが大変だった?」

なんて、聞いてみるといいと思います!

これが、物理の問題につながっていくんですよね。

 

歯車すもう

あと、「君にも運べる」のまわりにもいろいろ仕掛けがあります。

例えば、小さい歯車と大きい歯車で力比べ。

最初、小さい方に子供を立たせて、2人で力比べをしよう!といいます。たぶん互角ぐらいで、子供が勝つかもしれません。「ヤッター!ぼく、ママより力強い!!」

そう言ったところで場所をチェンジ!

するアッという間にママの勝ち!

歯車を使って力比べ対決です!

歯車を使って力比べ対決です!

そんな風にやると、より歯車の仕組みがわかりやすくなると思います♪

 

家に帰ってから

パパ
今日は何を学んで来たの?
息子
え~っと・・

と言葉に詰まると、

パパ
そっか、今日は働いてきたのか
ママ
・・・

小さいうちは、体を動かすのが楽しいですね!

 

 







子育て環境づくり一級建築士。外側から住まいの環境を整え、内側から楽しい家庭教育をお伝えし、総合的な子育て環境をつくります。子育て住宅、保育園、ファミリー向け店舗の設計が得意。