小学生に大人気!簡単に作れる万華鏡。科学が学べる工作おもちゃ

ちゃんと万華鏡になっています。

こんにちは、牧野直子です。

寝かしつけに、科学のふしぎな話

「科学のふしぎな話365」を寝る前にパラパラ見ています。
この本は、1ページごとに日付と科学のふしぎがわかるお話が載っています。
どうして何々なの?というような興味ぶかいお話がいっぱい。

例えば、
面ファスナーは、ぬのなのにどうしてくっつくの?
地球はいつどうやってできたの?

など、こんな疑問を子供でもわかりやすく、図解入りでわかりやすく解説してくれています。
未来科学館監修だから、なるほど!と思いますね。

我が家では、寝る前の読み聞かせでよく、これを読んでいます。
それを読んでいる日を選べば、大体1ページ、長くても2ページなのでちょうど良いボリュームなんですね。

その中に

作ってみよう♪というお話があって、娘が作りたいというので、日曜日に作ってみました。

 

科学おもちゃを作ってみよう

家にある材料でできたのがこの二つ。
万華鏡と、声で振動するおもちゃです。

万華鏡

万華鏡は、ミラー調の塩ビシートが家にあったので、私、建築士だから模型材料はたくさん常備してあるんですね。
万華鏡は工作キットが売っていたりするけれど、あえてすべて自作。
家にあった材料ということで、プラスチックのしょうゆ差しを底にすることにしました。

だから、ここは単純に万華鏡を作るだけではなく、算数もからめて作ることにしました。

ミラーを三角形にするためには、どんな形にしたらいい?
この丸に入る一番大きな三角形はどのぐらいになる?

というように、展開図や、円の直径と円周など、算数の問題としてはうってつけ。

万華鏡に入れるものは、娘が好きなスパンコールやビーズを入れました。

家にある材料で即席万華鏡

家にある材料で即席万華鏡

 

ちゃんと万華鏡になっています。

ちゃんと万華鏡になっています。

紙コップのおもちゃ

次に作ったのは、声を出すと、震えるおもちゃ。

1.紙コップにストローをさします
2.底にふたをします
3.コップの上にモールをくるくる巻いて、置きます。

ストローでふうっと声を出すと、振動が伝わって、コップの上に置いたモールが震えるよっていう工作です。

これは、家にあるものでカンタンに出来ました。

 

カンタンな工作

カンタンな工作

 

大きな声を出しながら息を吹くと、モールが動きます

大きな声を出しながら息を吹くと、モールが動きます

 

 

次は、夏休みの自由課題へ

この他にも作ってみよう!というコーナーがあったのですが、買わないといけない材料があったりで、それらは、夏休みの自由課題でやってみよう!ということになりました。

作ってみるだけじゃなくて、なんでそうなるのか、研究してまとめるといいですよね。
夏休みの自由課題は、サポートしていきたいと思います!

子育て世代の家・保育園が専門の一級建築士。平日夜は、一人で小学生2児の子育て。遊びやクイズを通した勉強や、コーチングと音読を通しビジネスマインドを育てている。また教育リサーチのため、中学受験塾講師も行う。