揚げ焼きで、油が少ない健康レシピ

鶏肉のおろしポン酢640

こんにちは、牧野直子です。

 

油を理解した上でのおすすめメニュー

なるべくトランス脂肪酸に変わる油はとらない

これを守って、メニューで工夫して実践していきたいですよね。

オメガ6の一般的なサラダ油で揚げ物を作ると、油がどうしても酸化してきてしまうので、油は何回も使わない。そうなると、揚げ物はなるべく作らず、それに近いメニューを考えるのがひとつの方法です。

例えば、鶏肉の唐揚げの代わりに、鶏の揚げ焼き。

揚げ焼きとは、油を5mm~1cmぐらいひいて、焼く方法です。

唐揚げと同じようにできるのかなと試してみたけど、揚げ焼きは、唐揚げとは別メニューです(笑)。これはこれで楽しみます。

 

唐揚げとちょっと食感が変わってしまうのは、フライパンの底が鶏肉についてしまうので、そこからしっとりしてきてしまうのでしょうか。

だったら、だったで、ソースをかけるなり違うメニューとして考案した方がよさそうですね。
ということで、作ってみたのが、鶏肉のおろしポン酢です。

 

材料

【材料】

鶏肉 もも肉 一枚
お酒、にんにく、片栗粉 適宜

【和風ソース】

ポン酢 50cc
アマニ油 大さじ1
めんつゆ 小さじ1
レモン汁 少々

 

作り方

鶏肉は、うすく切り、お酒とにんにくすりおろしに漬けておきます。
焼く前に片栗粉をまぜます。
フライパンに油を薄くひいて、揚げ焼きにします。
表3分、ひっくり返して裏2分程度焼きます。

 

和風ソースは、進んで取りたいオメガ3の生食用のアマニ油で作ります。
和風ソースの材料をを合わせ、シェーカーでしゃかしゃかふります。
焼きあがった鶏肉に、和風ソースをかけ、大根おろしと小葱を乗せればOKです。

 

揚げ焼きの温度のコツ

温度設定は強火だと、一気に温度を上げるので、少ない油では設定温度をすぐに超えてしまいますよね。
油がすぐに酸化しやすいです。揚げ焼きは、中火で焼け具合を見ながら焼くのがおすすめです!

 

このメニューの健康視点での良さ

油を何度も使用しないように、一度で使い切る

進んで取りたいアマニ油(オメガ3)を使用

 

いかがでしたか?ぜひ、油を知って、おいしくて健康なメニューを作ってみてくださいね!

 

子育て世代の家・保育園が専門の一級建築士。平日夜は、一人で小学生2児の子育て。遊びやクイズを通した勉強や、コーチングと音読を通しビジネスマインドを育てている。また教育リサーチのため、中学受験塾講師も行う。