庭は、子供の心を育てるのに、有効な場所。家庭菜園で食育と心を育てよう。

garden

こんにちは、牧野直子です。おうちにお庭はありますか?私は、今はオフィスを住宅にリノベーションしたので庭がないのですが、庭が欲しいなあと思います。

庭は、子供の心を育てるのに、有効な場所です。

ほんのちょっと、花や自然があるだけで、かなり変わるのです。

もし、少しでも敷地やバルコニーに余裕があれば、「庭」を作りましょう。

(ちなみに、マンションのバルコニーの場合は、避難経路を壊さないように注意)

 

庭があるといい理由

1.家庭菜園で食育を学ぶ

食育は、子供の心を育てるためにもとても重要です。食というのは、生活に密着していますし、学ぶことがたくさんあるからです。

一戸建ての方は、狭くてもぜひ庭を作ってほしいです。
マンションの方も、ベランダ菜園ならできますよね。

ぜひ、家庭菜園を作ってみてください。

家庭菜園があると、食べ物を育てるという経験をすることができます。

収穫できたものを、夕食の料理に出してみたり、そんなことで、育てる喜びと食べる喜びが感じられますよね。

 

2.花を育てることは、心を育てる

お花を育てるということも、子供の情操教育にとても重要です。

お花を育てる、つまり自然と向き合うというわえですが、自然の力は偉大です。
水をやって自分がそだてていると、他者を大事にしようという感情が生まれてきます。

長野県のある荒れた中学校では、学校 に花壇を作り、生徒に水やりをさせると、最初は花壇の上を平気で歩いて花を折っていたのが、花を慈しむように変わってきて、その結果、学校の雰囲気が向上したそうです。

まとめ 子供を育てるなら、庭を作ろう

本当に小さいものなら、工夫すればどこかに作ることができます。

ですので、ちょっとでもいい。狭くてもいい。
ぜひ、花壇や家庭菜園のできる庭を作ってみてくださいね。

 

 

子育て世代の家・保育園が専門の一級建築士。平日夜は、一人で小学生2児の子育て。遊びやクイズを通した勉強や、コーチングと音読を通しビジネスマインドを育てている。また教育リサーチのため、中学受験塾講師も行う。