好きな歌から漢字を学ぶ、好きなことは目覚ましに漢字練習に大活躍♪

onnpu

こんにちは、牧野直子です。

我が家では、見たい曲をスマホで見せて~と言われると、こうなります。

じゃーん。

黒板に、その歌に出てくる漢字がずら~。

 

 

%e5%89%8d%e5%89%8d%e5%89%8d%e4%b8%96

歌詞の漢字が出てきます。

 

カラオケ行っても、歌詞にフリガナは付かないから、歌いたいなら読みかた覚えたほうがいいんじゃない~って。

歌詞をプリントアウトしたものを渡す。当然これにはフリガナはつけません。

そして、プリントアウトした歌詞を見ながら。Youtubeでミュージックビデオを見させます。

歌を覚えようと必死に曲を聴きます。

そのうち歌詞を見ないでも、歌えるようになってくる。

ちなみに、いい方法を思いついたので紹介!

朝の目覚ましがわりに、この曲を流す

これ、すごいね~。

寒くなると、なかなか起きてこないのに、イントロがかかったら。パーン!ってスパッと布団から出てくる。すごい効果~。

 

 

そしてすぐスマホに向かって、歌を歌っています。

 

 

漢字の練習までのステップ

 

1.好きな歌の歌詞を印刷する

2.歌詞に出てくる漢字を家の目立つところに書いて貼る

3.歌詞カード(フリガナなし)を見ながら、何度も歌を覚える

4.歌詞を朗読させる

5.目だつところに書いてある漢字をさしながら、読み方を覚えているかチェック!

6.漢字の書き取り

 

こんな感じで、漢字を覚えるといいようです!

 

歌詞の意味から、読解力をのばしてもいいですよね。

6.漢字の書き取りは、難しいので、やったら、デザート1個多くあげるなどの、プチご褒美つきにするといいようです。

 

まとめ

小学校で習った漢字しか勉強しない、というよりも、日本人に生まれてきたんだったら、漢字を読めたほうが、世界が広がる。

小学2年生で習わない漢字のオンパレードですが、子供は自分が好きな曲を歌えるように、がんばっています。

何年生で習う漢字だからなんて、制限をつけないほうが、いろいろ楽しめますよね。

 







子育て環境づくり一級建築士。外側から住まいの環境を整え、内側から楽しい家庭教育をお伝えし、総合的な子育て環境をつくります。子育て住宅、保育園、ファミリー向け店舗の設計が得意。