日本フィルハーモニー交響楽団の夏休みコンサート2016 シンデレラの口コミ感想

violin

こんにちは、食・心・育を大切にしている子育て環境クリエーターの牧野直子です。

 

日本フィルハーモニー交響楽団の夏休みコンサート2016 シンデレラ

に行ってきました~。

フィル640

 

 

どれぐらいの時間で終わるのか

私が聞いた回は、14:00開始で、最初の30分が、オーケストラの演奏

15分休憩をはさんで、40分ほどがバレエ。第三部が、オーケストラに合わせてみんなで合唱、が20分ほど。最後にアンコールが一曲。

終わったのが、15:45ごろでした。トータル2時間弱ですね。

 

夏休みコンサート

 

 

 

プログラム

プログラム 第一部

オーケストラの演奏

1.スターウォーズのテーマ

有名なあの曲です。始まって、いきなりチャーチャーン、チャラララー と始まり、ど迫力でした。選曲が子供たちが知っていそうな音楽がツカミでいいですね!

2.美しく青きドナウ ヨハン・シュトラウス2世作曲

最初にワルツとは、どんな曲なのか説明。日本語で円舞曲と言われるように、指揮者のタクトも円を描くように振っていましたよ。

 

3.威風堂々 エルガー作曲

これも有名な曲ですよね。普通の行進曲は、1拍にアクセントがあるのに、この曲の始まりは、裏拍にアクセント。楽器のパートでバラバラで聞くと、そんなでもなかったのに、合わさると、とっても威厳のある行進曲になって、なるほどと思いました。

第二部 バレエ シンデレラ

休憩中に、オーケストラがはけるのかと思いきや、場所はそのまま。オーケストラは灯りが落ちて、オーケストラの前で、バレエが始まりました。

チラシでは、「シンデレラ」のバレエを全面に出していたのですが、やっぱり、このイベントは、オーケストラがメインなんですね。

 

第三部 みんなで歌おう

第三部は、みんなが主役。オーケストラの演奏に乗って、会場みんなが踊って、歌いました。

曲は「さんぽ」「うみ」「七夕」「勇気100%」

オーケストラをバックに歌うって気持ちいいですね!
みんなが知っている歌の、オーケストラの演奏は迫力が違います。

 

アンコール

ラデツキー行進曲 ヨハン・シュトラウス1世

会場のみなさんの手拍子が始まったら、その手拍子に合わせて曲が始まったので、びっくり。

運動会で良く聞くあの曲。うーん、曲名わかんない。あとで調べました。

観客が拍手で大小をつけて、オーケストラといっしょになって、一体感があがりました。

調べてみてわかったのが、第一部の2曲目、美しき青きドナウの作曲者は、このラデツキー行進曲の作者の息子だそう。だから、ヨハン・シュトラウス1世と2世なのね。親子で後世に残る曲を作曲って、どんなすごい遺伝子なんでしょうか。

 

 

まとめ

クラッシックの導入として、入りやすいですね。親子仲良く、また音楽に親しめられたらいいですね。

 

おまけ

お出かけに行った次の日は、○○をしてお勉強。こちらをどうぞ

子育て環境づくり一級建築士。外側から住まいの環境を整え、内側から楽しい家庭教育をお伝えし、総合的な子育て環境をつくります。子育て住宅、保育園、ファミリー向け店舗の設計が得意。