家族の絆が高まる仲良し家族の家 「共有」

201371b05f5b1accae565fb8da542b38_s

こんにちは、牧野直子です。

 

コミュニケーションを増やして、家族の絆が高まる。子育て家族の家。

 

今日のポイントは「共有」

 

仲良し家族の家 ポイント「共有」

住宅でなくても、大きな建築を設計するとき、コミュニケーションを生むしかけとしては、一同に集まる中間領域の場所を作るんですね。

 

誰もがそこを通る場所だったり、すべての始まりになったりの場所。ショッピングモールなら、アトリウムの大きな空間だったり、休憩場所がある広場だったり、劇場でいうとその前のホワイエだったり。

 

これが家族の住まいだったら、リビングやダイニングになるわけですね。

 

家族共有の本棚

こういったみんなが集まる場所に、家族共有の本棚を作ってみてはいかがでしょうか。

 

家族のアルバムはもちろん、今お父さんやお母さんが読んでいる本、なんかもあると、子供も知らない世界を知るきっかけになりますよね。

 

小さいうちは無理でも、少し大きくなってきたら、「あ、これ面白そう!」「貸して!」というようになるかもしれません。

 

家族共有のアルバム

家族写真を、リビングに飾るのもとってもいいですよね。

 

家族の笑顔がいつもそこにある!

 

たまに、親子げんか、兄弟げんかで険悪になったとしても、そこに、家族の笑顔の写真が目に入ってくれば、時間がたてば、すーっと怒りも収まってくるかもしれません。

 

写真の額縁は、いろいろかわいいものがたくさんあるので、それをコーディネートすれば、おしゃれなインテリアにもなります!

タイルだったり、木製だったり、自分たちで作るのもいいですよね。

 

家族で共有のものをあえてつくってみる。

 

もし、共有の本棚やアルバムがない!という方は、すぐできると思うので、そういう共有コーナーを作ってみてください♪

仲良し家族のポイント 「共有」でした!

 

子育て環境づくり一級建築士。外側から住まいの環境を整え、内側から楽しい家庭教育をお伝えし、総合的な子育て環境をつくります。子育て住宅、保育園、ファミリー向け店舗の設計が得意。