歴史人物の偉人カルタで、神経衰弱をして覚えよう!

20160929_171245

こんにちは、牧野直子です!

小1の息子は、神経衰弱が大の得意。
え~、なんでそこ覚えてるの?!
次から次へとめくっていきます。
私はもう、絶対勝てません。

神経衰弱で、お勉強してみよう

そんな神経衰弱でお勉強しちゃいましょう!
普通にトランプで神経衰弱をやるのは、同じ数の確率が少ないから、私の心のハードルが折れまくり。

そこで、偉人カードで、神経衰弱をやることを提案。

使うカードは、この偉人カード。

20160929_171119

新学社 歴史人物カルタ

このカードは、歴史の偉人たちがカードになっていて、生きた時代ごとに色分けされている。

これで神経衰弱をやっています。

同じ時代の人が出たらカードゲット!

あとは、トランプの神経衰弱と同じです。

 

20160929_171245

息子
あっ、違った!

20160929_171238

ママ
江戸時代 の勝海舟 と江戸時代の徳川家康だね!

 

歴史人物カードで神経衰弱

めくった時に、〇〇時代、〇〇〇〇ね~と声をかけるようにしています。
聞いていると、人の顔と時代がインプットされますからね。

私がこれが、トランプの神経衰弱よりもいいなあと思うのが、同じ数字を当てるよりも、当たる確率が高いということです。

例えば、江戸時代の歴史人物は一番多くて、どこに何があったか忘れてしまっていても、江戸をひけば、どれかの江戸のカードをひけばいい。

だから、神経衰弱で本当に神経が衰弱してしまう母ちゃんでも、ちょっとやる気が出る。

息子 には、ほんとに、バンバンめくられちゃうけど。
勝つか負けるかよりは、覚えてもらいたいからね。

今日も楽しく、遊びながら勉強です!

子育て世代の家・保育園が専門の一級建築士。平日夜は、一人で小学生2児の子育て。遊びやクイズを通した勉強や、コーチングと音読を通しビジネスマインドを育てている。また教育リサーチのため、中学受験塾講師も行う。