ソファはいる?いらない?子育てハウスの悩み、ソファの必要性を検証

sofa

こんにちは、牧野直子です。

 

住宅も欧米化してきて、和室にこたつというスタイルよりも、洋室にソファやダイニングセットというご家庭が増えてきています。

そこで、小さいお子さんを育て中のご家庭の悩み。ソファが必要かどうか、ということがあるかと思います。だって、汚すかもしれないし、大きくて場所とっちゃうし。でも、私はくつろぎたいしなあ、、なんて意見が葛藤するかな。

 

みなさんのおうちにはソファありますか?

 

ソファは昔の日本にはないものです。欧米から伝わってきたライフスタイルですよね。そう、ソファは、欧米に憧れて日本に入ってきた習慣です。
欧米人は靴を脱ぐ習慣もないし、床に座る習慣もない。
だからこそ、ソファがくつろぎの形として定着したのですね。

靴を脱いで、床に座ることもいとわない日本人は、ソファのない生活でも、本来はたのしめるんですよね。

実際聞いてみると、物置になってしまっている、という人もいらっしゃいました。

そんな感じで、いざ使ってみると、本来の形として利用できていないな、ということもあるかもしれません。

確かに、年齢を重ねてくると、床からの立ち座りの動作が大変になってくるので、ソファは動作が楽になるので、使い勝手も良くなります。

でも、若い世代の方は足腰が強いので、そんな必要はないですよね。

 

ソファのない暮らし

私が、昔から育ってきた家には、ソファがありませんでした。純和風の家なので、8畳間にこたつが置いてありました。

父は、ウイスキーを飲みながらクラッシックを聴いて読書をするのが趣味でしたが、父の部屋にもソファではなく、ロッキングチェアが置いてありました。

ソファが必要かどうかを考えてみよう

 

十分に部屋が広くて、ダイニング、リビング、子供の遊びスペース、、とすべて設置できるのであれば、ソファもありでいいと思います。

でも、そんなに余裕のある部屋がいくつもない人も多いですよね。

ソファを置こうと思ったら、3m×1mぐらいの場所が必要。

もしこの大きさのものがなければ、かなり空間が広くつかえそうじゃないですか?

ソファでくつろぐと言えば、TVを見たり、本を読んだり。
パソコンをしたり、勉強をしようと思うと、ソファの高さは中途半端で使いづらい。

物置になってしまう
子供のトランポリンになってしまう
カバーが洗濯しづらい
合皮だと、ポロポロはがれてきてしまう

という意見もちらほら。

ソファは場所をとる
決まった方向にしか座れない
座る人数が決まっている

 

こんな制約も生まれてしまいます。

広いワンルームならではの遊び

私の家には、置く場所がないからという理由もありますが、ソファは置いていません。
その代わり、自由に使える床がとても広いのです。

家全体の大きさだと、親戚やお友達のほうが絶対広いのに、娘のお友達が遊びに来て、「わあ、ひろい~」って驚かれたりします。

全体は狭いですが、家族が団らんに使うスペースは、我が家のほうが広いのかも。

ソファがない分、フレキシブルな空間の使い方が出来る

子供たちが、机やイスを総動員した、ダイナミックな積み木をしたり、家のはじからはじまで使って、ミニカーを走らせたり、飛行機を飛ばしたり、いろいろ家を遊びに使っています。

 

ソファを置く置かないのメリットデメリット

ソファを置くことのメリット
大人のくつろぎの時間が楽しめる
高齢者は立ち座りの動作がしやすい
ソファを置くことのデメリット

場所を取る
物置になりがち
洗濯しずらい

 

ソファを置かないことのメリット
リビングを広々使える
子供の遊び場も確保できる
汚したりの心配がない

ソファを置かないことのデメリット
大人のくつろぎスペースが少ない

 

まとめ ソファはいる?いらない?

私の意見としては、お子さんが小さいうちは、他のご家族の同居も関係しますが、基本なくて大丈夫だと思います。お子さんが成長してきて、座学が増えてくる年代で、ソファを購入されてはいかがでしょうか。

どういう生活を送りたいか、それを思い描いて、ソファのある暮らし、ない暮らし、あなたにあった生活を選んでみてくださいね。

 

 







子育て環境づくり一級建築士。外側から住まいの環境を整え、内側から楽しい家庭教育をお伝えし、総合的な子育て環境をつくります。子育て住宅、保育園、ファミリー向け店舗の設計が得意。