さつまいもの意外なパワーにびっくり。老化や美容にあの野菜よりも効果あり!

satumaimo

こんにちは、食・心・育を大切にしている子育て環境クリエーターの牧野直子です。

さつまいもって、実は健康食品なんです。

ビタミンC対決

ビタミンCがたくさんあると言われる食べ物で対決です。

 

第一ラウンド 100g当たりに含まれる量

1位 パセリ 200mg
2位 レモン 90mg
3位 ほうれん草 65mg
4位 さつまいも 30mg

納得の順位です。

 

第二ラウンド  1回当たりに食べる量に含まれる量

1位 ほうれん草 52mg
2位 さつまいも 30mg
3位 パセリ 10mg
4位 レモン 9mg

パセリやレモンは一度にたくさん食べられないので、順位が落ちています。

 

第三ラウンド  焼き芋VSゆでたほうれん草

1位 さつまいも 21mg
2位 ほうれん草 20.8mg

おお~、調理をすると、なんとさつまいもが勝ってしまいました!

 

さつまいものビタミンは熱に強い

ビタミンA,Eは水に溶けないですが、ビタミンCは水に溶けてしまうんです。

ほうれん草は、5分ゆでるとビタミンCの6割が失われてしまう。

さつまいもは、加熱されると細胞の中のでんぷんの粒が溶けてのりのようになる。こののりが、ビタミンCをからめとり、流れ出すのを防ぐ。
さつまいもは、失われる量は3割ほどしかない。

ちなみに、ほうれん草を無水鍋でゆでると、ビタミンCno流出は最小限になりますね。

 

ビタミンE対決

老化防止に効果があるビタミンE対決

第一ラウンド 100g当たりに含まれる量

1位 アーモンド 29mg
2位 ごま油 2.6mg
3位 バター 1.5mg
4位 さつまいも 1.3mg

アーモンドのビタミンEの多さはケタがひとつ違いますね!

 

 

第二ラウンド 1回当たりに食べる量に含まれる量

1位 アーモンド 5.8mg
2位 さつまいも 1.3mg
3位 ごま油 0.3mg
4位 バター 0.2mg

ここでも、さつまいもは着実に順位をあげています。!

 

第三ラウンド 持久力

1位 さつまいも!

この項目で、一人勝ちです!!

 

意外なパワーのさつまいも

さつまいものビタミンEが持続する理由は、さつまいものビタミンCにあった。

さつまいものビタミンCは、ビタミンEを何度も使えるようにしてくれる。CとEが同時に豊富にとれるさつまいもが、健康食品の隠れた実力派なんです。

 

まとめ

調理をすると、ホウレンソウよりさつまいもの方がビタミンCが多くなるというのは、意外でした。

それから、ビタミンEもたっぷりなんですね。

両方そろってるからこそ、両方の栄養を吸収できるんですね!

さつまいもに含まれる栄養分

ビタミンC   シミ、そばかすの防止
ビタミンE   老化防止。肌をきれいにする。
食物繊維   便秘防止
カリウム    高血圧防止

 

(参照) ためしてガッテン 知ってトクする食べ物 楽らく栄養学







子育て環境づくり一級建築士。外側から住まいの環境を整え、内側から楽しい家庭教育をお伝えし、総合的な子育て環境をつくります。子育て住宅、保育園、ファミリー向け店舗の設計が得意。