きゅうりから広げる勉強になる会話。雌花と雄花があるウリ科植物。

kyuuri

こんにちは、牧野直子です。

きゅうりは、大好き。

子供たちは、サラダはあまり好きじゃなくても、きゅうりは何もつけずにポリポリ食べたりするぐらいだから、ビックリ。

ツナサラダや、キュウリの酢の物、味噌きゅうりなど、キュウリが食卓に上がった時に、キュウリから勉強に発展させる会話です!

 

Q.きゅうりの花は、雌花と雄花に分かれます。

きゅうりの他に、雌花と雄花がある植物はどんなものがあるでしょうか?

A.

ウリ、キュウリ、スイカ、メロン、カボチャ、ズッキーニ、ヘチマ

これらはみんなウリ科なんですね。

Q雄花と雌花にわかれるものとしては、マツなどの裸子植物があります。

 

キュウリの栄養

キュウリはβカロテン、ビタミンC、カリウムが含まれます。

90%が水分です。

 

キュウリの生産量は?

1位     宮崎県     64,000 t
2位     群馬県     46,400 t
3位     福島県     41,200 t

 

イメージどおり、宮崎が1位ですね!

サトイモや大根に代表される根菜や、ピーマンやキュウリなど、ウリ科やナス科の野菜の生産量が全国1位なんですね。

 

以上、キュウリから、勉強でした!

子育て世代の家・保育園が専門の一級建築士。平日夜は、一人で小学生2児の子育て。遊びやクイズを通した勉強や、コーチングと音読を通しビジネスマインドを育てている。また教育リサーチのため、中学受験塾講師も行う。