車いすや目が不自由な人の体験で思いやりを持とう! at キッズプラザ大阪

kids50

こんにちは、食・心・育を大切にしている子育て環境クリエーターの牧野直子です。

日本のチルドレンズミュージアム、キッズプラザ大阪に遊びに行ってきました。

その5階に、障がい者の方の生活を体験できるコーナーがあります。娘は、夏休みの絵日記に、キッズプラザ大阪のこの体験を絵にして描いていました。印象深かったんですね。提出2枚のうちの1枚が、車いす体験でした。

 

バリアタウン

車いすが体験できるコーナーです。

係の人から、車いすの操作方法を習って、いざスタート!

まずは改札を通って。

kids49

 

右にちょっと方向転換して、電車に乗ります。そして、左にぐるっと回って、もう一方の出口から出てきます。

そして、また改札を出ます。

kids50

 

しかし、次にちょっとした問題が。

2cmぐらいの段差があります。そのままの方向ではなかなか上れません。

そこで、おじさんが、「後ろ向きになってごらん」と声をかけてくれます。

前からだと上れなかったのが、後向きになると上れました!

これは、車輪の大きさが小さい前輪だと段差を上るのが難しく、大きな車輪の後輪のほうが上りやすいということですね。

kids51

 

ママの声がけ

ママ
車いすの運転は大変だった?
ううん、上手にできたよ。
ママ
そうだね、上手に運転できたね!
ママ
Rちゃんは、2cmの段差を軽々越えられるでしょ。でも、車いすの人は面倒じゃったんじゃない。
そうだね。

 

障がい者の方のためのデザイン

そして、その隣には、バリアフリーのデザインの展示コーナーがあります。

ジュースや飲むヨーグルトにはないけど、牛乳パックには、切込みがある。

シャンプーには、側面にギザギザがあるけど、リンスにはない。そんなデザインの紹介です。

kids52

 

目が見えない状況で、手でさわるだけで、どんな形をさわっているか当てるゲーム

kids53

 

リモコンを手でさわって、見たいチャンネルに合わせよう!

kids54

 

まとめ

車いすや、目が悪い人の生活を少しでも体験して、思いやりのある子に育ってほしいですね。

 

 

子育て世代の家・保育園が専門の一級建築士。平日夜は、一人で小学生2児の子育て。遊びやクイズを通した勉強や、コーチングと音読を通しビジネスマインドを育てている。また教育リサーチのため、中学受験塾講師も行う。