えっ、こんな大きな公園が無料?!県立淡路島公園。ローラー滑り台が最高!

awaji01

こんにちは、牧野直子です。

県立淡路島公園に行ってきました

淡路島に親戚がいて、毎年、子供を連れて夏に遊びに行っています。
いつもは実家から電車で行っていたのですが、淡路島は車がないと不便ということもあり、二人とも小学生になったという今年ははじめて、淡路島にレンタカーでむかいました。
いつもは親戚の家とその近くのビーチと歩いて行ける震災記念公園しか行ったことがなかったのですが、車があったので可能性が広がりました。

海水浴に行くのには午後からがいいから、午前中気軽に時間をつぶせるところがないかなあと調べていたところ、見つかったのが、淡路島公園。

岩屋の近くにある淡路島公園に行っていました。
驚いたのが、入園無料!!

ママ
えっ、まじ!こんな広くて整備された公園が無料!!

淡路サービスエリアからほど近いから、本州から観光客を呼びたいということなんでしょうか。

 

めちゃくちゃ長いローラー滑り台

そして、子供たち一番の目的。ローラー滑り台。

子供のゾーンに入って、すぐ近くに見えたので、子供たち、走っていきました。

乳幼児さんでも楽しめるように、短いコースもついています。

awaji02

 

でも、滑ってから気が付いた。これはジュニア版だ。あの奥にそびえたってるのが見えるんだけど。。ひょっとして、あれがホンモノ?

視線の先に、とっても長いローラー滑り台が!!

awaji01

 

階段をのぼっていくと、すぐ滑れそうです。

ちなみに、関東圏にも、町田のこどもの国や、船橋のアンデルセン公園、千葉のこどもの国キッズダムなど、こういうローラー滑り台のある大きな公園がいくつかありますが、いつも長蛇の列です。でも、ここは穴場だ~。

 

ママも一緒にすべろうよ!
 

その言葉に悪い予感がしたのですが、とんでもないスピードが出ます。

ママ
キャー、はやい~

 
全長66mだそうです。

そう、大人の方が重量が思いからスピードが速くでるんですよ。まじ怖かった。

ボブスレーのような感覚でした。

awaji03

 

ほかには、大きなトランポリンもあり。

awaji05

じゃぶじゃぶ池があり、とても素敵な公園でした。

awaji04

 

次回は、もっと楽しめるようにちゃんと準備して行ければいいなと思います。







子育て環境づくり一級建築士。外側から住まいの環境を整え、内側から楽しい家庭教育をお伝えし、総合的な子育て環境をつくります。子育て住宅、保育園、ファミリー向け店舗の設計が得意。