みそ作り体験してきました。自分で作ってみるのも面白そう。

scl03

こんにちは、食・心・育を大切にしている子育て環境クリエーターの牧野直子です。

みそ作り体験

森のスコーラというイベントの中で、味噌作り体験があったので、参加しました。

子供たちは、保育園で毎年味噌を作っていたのですが、私はやったことがなかったので、やってみたかったんですね。

下準備

大豆を水につけて一晩おく。大豆を煮る。

ここまでワークショップの先生がしておいてくださいました。

 

STEP1  大豆をつぶす

ビニール袋に入れた大豆を、細かくなるまでつぶします。

scl13

トントントン。ワークショップは12名参加だったので、みんなで手分けしてつぶします。

味噌工場は、これをすりつぶすのは、機械でやるようです。

scl14

 

STEP2 麹と塩を混ぜ合わせる

scl15

まずは、麹と塩をまぜます。

麹は、大豆よりも全然量が多くてびっくりでした。塩もこんなにいれるんだ~。

みそ汁が塩分高い、という理由がわかりました。

 

STEP3 塩、麹に大豆をまぜあわせる

麹と塩を混ぜ合わせたところに、さきほどのつぶした大豆をくわえます。混ぜムラがないように、こねてこねてこねて、こねます。

30分ぐらいこねていました。

ちゃんと混ざらないと、そこがカビてしまうそうです。ずっとこねていたので写真は撮れませんでした。

手にある菌が、入ることがいいそうで、均等に菌が入るよう、12人でぐるぐる回りながら30分こねました。

 

STEP4 味噌だんごをつくります

それが出来上がると、お団子を作ります。これは中の空気を抜くためだそうです。

 

scl03

 

STEP5 家に持ち帰って、発酵させる

できあがったものを、ジップロックに入れてそれぞれ持ち帰り。880gもいただいたしまいました。

おうちに帰ってから、発酵させます。8月に作ったので12月ぐらに食べられるとのこと。

 

タッパに味噌を入れ、布とサランラップをかぶせ、その上に重石を置いて保管。空気が入るとかびやすいそうです。でも、もしかびたとしても、そこをのぞけばいいとのこと。

本来はゆっくり発酵させたほうが、うまみがたくさん出るので冬に作ることが多いそうなのですが、夏なので、発酵が早いから12月ごろだそうです。

冷蔵庫には入れないで、外で保管してくださいね。

 

さあ、どんなふうに出来上がるでしょうか。楽しみです。

 

子育て環境づくり一級建築士。外側から住まいの環境を整え、内側から楽しい家庭教育をお伝えし、総合的な子育て環境をつくります。子育て住宅、保育園、ファミリー向け店舗の設計が得意。