勝手にワクワク創作塾~お花屋さん編~vol.03 お花のある生活がもっと楽しくなるお店へ

0111b4979a34ca01fae4a1098b4b0eed_s

こんにちは、牧野直子です。

勝手にワクワク創作塾、今回は、お花屋さんです。

お花屋さんを覗いてみました。

お花屋さんは外にお花がたくさん出ていて、それが華やかだからいいですよね~。それだけでも、ウキウキしちゃいます。

そんなお花屋さんだからこそ、もっともっとワクワクできるお店になったら、楽しくてしょうがないんじゃないと思います。そう思って、勝手に妄想してみました笑。

まずは現状店舗の観察から。

お花屋さんを観察

気になったところはこんな感じです。

お店の外に鉄のラックにディスプレイしてあるのですが、塗装がはげて、一部サビています。

プラスチックのザル状の箱を裏返しに置いてあり、その上に花壇用の小さい花たちが、並んでいます。

そのザルは、もとがクリーム色だったのか、白だったのか、日に焼けている。

テントは破れていて年季が入っている感じ。

お花のポップがあるのは楽しくていいですね!

お店の中に入ると、テーブルの上に胡蝶蘭などがディスプレイされているけれど、そのテーブルがちょっとふるぼけて、角も塗装がはげ落ちているダイニングテーブル。

う~ん。このテーブルでは、胡蝶蘭のゴージャスさが半減ですね。

そしてそのテーブルの後ろや下は、ダンボールをたたんだものや、プラスチックの鉢が無造作に積み重ねられているのが丸見えです。

そしてカウンターも古めかしい感じなのですが、その奥の壁は、花束を作る時のリボンが無造作にたれている。

お店の中にいくつか鉢植えはあるものの、お花は冷蔵庫の中に集約されていて、ちょっと寂しい感じ。

お店の照明は、蛍光灯の古い照明器具というのも、ちょっと雰囲気がないかもしれない。

ワクワク創作していこう!

プラスチックは自然じゃない

まず外のプラスチックのザルですが、プラスチックというのは自然じゃなくて人工物なので、自然のお花とは相性がよくないんですね。

やはり、オススメなのは木箱です。木は自然素材ですから。

木箱を重ねるように置くと、ディスプレイに高さが出てきて、見た目ももっと華やかになりますね。

お店を閉店するとき収納するのにプラスチック箱は重ねられて使いやすいのかもしれません。もしそうだとしたら、黒のプラスチックのザルにするといいと思います。

プラスチックの白系は、日に焼けると色がどんどん黄色くなり目立ってしまいます。ですが黒は目立ちません。それにその下に木箱があると、木箱の方に目がいくようになります。

 

外で使う金属ラックは一工夫

外で使う金属ラックは、一工夫が必要。長年使って雨にふられると、塗装もはげて、サビも出てきてしまいますから。

最初はコスト高でもステンレス製のさびにくいものにしたり、最初からサビることを想定したアンティーク調のラックにするといいと思います。

アンティーク調のラックは、お花との相性はピッタリです。

木製のテーブルや椅子も立派なディスプレイに

どうしても金属のラックは、経年劣化すると雰囲気があわなくなるので、いっそのこと違うものでディスプレイしてしまうのもいいと思います。

アウトドア用のテーブルや椅子もデザイン性の高いおしゃれなものがたくさんあるので、そういったものにディスプレイするととても雰囲気がいいと思います。

テントはお店の看板

テントはお店の看板。ここはお金をかけて、キレイなものにしてほしいな~

 

古いテーブルは、布でカンタンリメイク

お店の中の古いダイニングテーブル。一番カンタンなリメイクは、おしゃれなテーブルクロスを敷くことです。これならすぐ!

テーブルクロス、いろんな柄がありますよね~。北欧柄のものなんて、メチャクチャおしゃれです。テーブルクロスだけじゃ、なんだか家庭の生活感がでてしまうな~というときは、斜めに2枚重ねすると、ぐんと変わります!

 

お店の中は提案の場所

お花屋さんなので、商品の多くは冷蔵庫に入れて保存するのが扱いやすいのだと思います。それならば、冷蔵庫以外の店舗は、「お花がある生活って、こんなに素敵でしょ~」っていう提案をする場所だと思うんですよね。

雑貨屋さんのように、お花に関係する花器や花瓶をディスプレイするもよし。インテリアにあう観葉植物をディスプレイするもよし。

プリザーブドフラワーや、ハーバリウムをかわいくディスプレイするもよし。

空き箱やプラスチックの鉢が丸見えでは興ざめです。

カウンターの後ろはお客様の一番目がいく場所

カウンターの後ろって、一番お客様 の目がいく場所です。確かに、ここにラッピング用品やリボンなどがあると使いやすいのですが、忙しいと雑多になりがち。

使いやすい位置でも目につかない場所に移動させるか、もしくは、壁自体に目がいくように壁をアクセント柄にデザインするなど、お店の顔になるようなデザインにしてほしいなと思います。

 

待ち時間を楽しい時間に

花束を作ってもらう時って、何分か待ちますよね。その時に、お店の中で過ごすのを楽しい時間にしてもらいたいって思います。

お花と関係なく、お店の方の個性が出るコーナーがあっても面白いし、花言葉みたいなお花に関するウンチクを紹介するコーナーがあっても面白いかな。

これは、いろいろ工夫して、お店の世界観を出してもらえればいいなと思います!

 

以上、何点か感じたことをまとめてみました。

お花がある生活がもっともっと楽しく素敵になるようなワクワクショップの参考になれば幸いです!

 

 

 


お客様がファンになる!お店のワクワク創作塾


一級建築士。店舗やオフィスを主に設計しています。ワクワクする建築を作提案しています。お笑いとバレーボールが大好き。